みんなそれぞれの課題・・・

最近保護されてきたザックとメロス。

まだ推定7か月?!すっかり大きいですが、顔はまだあどけなさが残っています。

zakkumerosu1.jpg

白い子がメロス・奥にいる黒マスクの子がザックです。

保護されるまで野良生活をしていた2頭。

写真を見て分かる通り、怖がりさん。

おやつをあげると割と積極的に食べに来てくれますが、触ろうとすると

こうやって小屋に隠れます。

若いし、可愛らしい2頭はよくお声がけいただくのですが、人にも慣れておらず、

リードを付けたこともなかった為お散歩にも行けません。

リードを付けると固まってしまう二人・・・・

zakkumerosu3.jpg

尻尾を巻き込んでしまって動くことが出来ません。

ザックはリードを引くとフセの体勢になりそのままズルズル・・・・

足を動かそうとはしませんでした。

メロスはリードを引くと必死に抵抗してオーバーに叫びます・・・・

リード慣れの練習が必要なワンコです。

野良生活をしていた二人は、人とふれあう事も知りません。

撫でてもらう事の喜びも知りません。

首輪も初めて付けられ、リードも初めて。

お散歩の楽しみだってもちろん知りません。

野良生活が長くなればなるほど色んなことが受け入れられなくなり、

人が「普通」と思うような事もパニック材料になっていまいます。

ザックもメロスも、すっかり『警戒心』はついてしまっているけれど、

まだ遅くない・・・

頑張ってリード慣れをして、人とふれあう事の楽しみを教えていきます。

 

ハッピーには野良出身のワンコが沢山います。

野良出身でなくても、みんなそれぞれ課題があります。

リード慣れが必要な子、お散歩の引っ張りを無くさないといけない子、

触られることに慣らす子、無駄吠えがひどい子、エサにキツイ子などなど・・・

生き物ですから、100点満点は求めません。

妥協するところだって必要ですが、せめて人と暮らす上でお互いストレスに

ならないようなルールを教えることは大切です。

人だって100点満点のパーフェクトな人間なんていませんから^^

 

人が思う「普通に出来る事」が出来ない子だって沢山います。

人懐っこくて咬まなくて、怖がらないワンコを「普通」と

思わないでください。

それぞれに個性があって、それぞれに得意・不得意があります。

ハッピーのワンコに会いに来られた際は、

それぞれの個性を受け入れてあげて下さい^^

ザック・メロスの成長もお楽しみに♬

zakkumerosu2.jpg

 

ページトップへ
ユリ、散歩への道のり〜ふれあい通路編〜

いよいよ「散歩」まであと一歩のところまでやってきました!!次はふれあい通路です!

 

ランドリーを思ったより早く落ち着いて歩くことが出来ていたので、

正直ランドリーは1,2回練習した程度でもう次の段階に進んでいました(笑)

2016,06,2.jpg

ふれあい通路はハッピーハウスの玄関で、スタッフやお客さんなど、常に人通りが多い場所です。

周りにはふれあいのワンコや受付でフリーになっているワンコ、猫部屋にはたくさんの猫ちゃんなど様々な子達がいます。

きっとユリにとっては最悪な場所でしょう・・・

 

ここを落ち着いて歩くことが出来るようになれば、

ハッピーハウスの外に出てお散歩することも夢ではありません。

 

私もドキドキしながら、いざふれあい通路に挑戦です!

ランドリーからの扉を開けてふれあい通路に出てみると・・・

 

途中少し嫌になってチェーンを噛んだり、ぐいっと引っ張ることもありましたが、

周りのワンコに吠えられながらも、意外と歩くことが出来ています!

2016.06.23 3.jpg 2016.06.23 1.jpg

この日はお昼時ということもあって、お客さんも多く、スタッフもばたばたと行き来していましたが

人とすれ違ってもびくびくして逃げることもなく、なんとか歩くことが出来ていました!!

2016.06.23 8.jpg 2016.06.21 4.jpg

初めての場所で、しかもこんなに人の多い場所で、

パニックにならず歩くことが出来ているユリを見ていると感動で泣けてきます(´;ω;`)

 

少しずつこのふれあい通路の環境にも慣れていってくれるように、今は練習を重ねている途中です。

まだ緊張していて余裕もないことも多いですが、ハァハァ言いながらも頑張って歩いています。

2016.06.23 5.jpg

また別の日には、スタッフに応援されながら頑張っていたユリですが、ゴードン玄関の扉が開くと

みんなの足の間をすり抜けてなぜかゴードン部屋の入口に座り込みました(笑)

2016.06.21 3.jpg

周りにはたくさんのスタッフが・・・

緊張が頂点に達したような表情で息が上がっています(汗)

 

途中ゴードン部屋の子達と窓越しに挨拶をしたり、見つめ合ったり、

でかシロくんに笑われたり・・・(笑)

2016.06.21 1.jpg

犬舎に戻ると、さすがに緊張しすぎて疲れている様子でした。

 

またまた別の日には、少し余裕が出てきたのかいろんなところを探索探索・・・

狭いところが落ち着くのか、なぜか隙間に入りたがるユリ。

2016.06.21 2.jpg

振り向くスペースがないので、後ろ向きに歩きながら無事出てこれました(笑)

2016.06.21.jpg

余裕も少し出てきたものの、まだまだ緊張するようで

ランドリーの扉の前まで行き、帰りたいアピール。

2016.06.23 7.jpg

それでも帰らせてくれないと分かると、助けを求めるように

すれ違うスタッフの後をついていっては帰りたいアピール(笑)

2016.06.23 6.jpg 2016.06.23 2.jpg

まだまだ帰りたい気持ちの方が強いみたいです。

 

ふれあい通路を落ち着いて歩くことが出来るようになったら、

次はいよいよハッピーハウスの外に挑戦です。

 

外に出る前の準備としてこれから十分に練習を重ねていくので、もしハッピーハウスに来られた際

ユリの練習中に遭遇したらそっと応援してあげて下さい(^-^)

2016.06.23.jpg

そしてブラッシングも普通に出来るようになってきたので、次は口輪を付ける練習です。

 

毛の長いユリは、暑い季節になるとサマーカットを行います。

ブラッシングやカットなど苦手な子も多いと思いますが、

元々野良生活の長かったユリも得意ではありません。

 

体を触られたりブラッシングすることには慣れてきていますが、

カットとなると長時間じっとしていないといけないので

暴れて噛んだりすることがないように口輪を付ける練習をします。

 

口輪を近付けてみると・・・表情が固まり緊張しているようです。

2016.06.23 10.jpg

口輪をはめようとすると顔をふいふいして逃げるユリ。

ゆっくり顔の動きに合わせて近付けるとなんとかはめることが出来ました。

2016,06,2 1.jpg

このまま留めるまでいけるかなーと思い、ユリの毛を分けながらもぞもぞ留めるのに戸惑っていると

当たり前ですが、「もう嫌っ!!」っと顔で思いっきり振り払われてしまいました(汗)

 

どうにかこうにか留めることが出来たものの、

2016,06,2 2.jpg

様子を見ているとやっぱり嫌なようですぐに自分で外していました。

2016,06,02 4.jpg 2016,06,02 3.jpg

無理やり付けるだけでは慣れる練習にはならないので、少しやり方を変えてみようと思います。

ブラッシング、シャンプー、カットなど、口輪を付けた状態である程度じっとしていられるように

これから少しずつ口輪に慣れる練習も行っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ページトップへ
お出かけトレーニング 第6回

久々のお出かけトレーニングです!!

最近、募金活動のお手伝いをしてくれている募金犬の頭数が減り、

1頭1頭にかかる負担が大きくなってしまっています。

そこで今回は、募金犬候補のワンコを連れ出し、外での様子をチェックすることに!!

 

まずはマンボーくん。

マンボーは今も施設にいるセピアの子供として施設で生まれ育ったわんぱくボーイ☆彡

現在4才になりましたが、知らない人に対しては怖がってしまうところがありなかなか

お声掛けいただけず・・・

マンボーは募金犬向きでは無いですが、施設外の様子を見てみたいとの市山の

希望により連れてきました^^

201605271.jpg

お次は海(うみ)ちゃん。

つい最近警察署より保護されてきた女の子。推定年齢5~6才くらい?

右前脚の関節が曲がっていて歩き方が痛々しいですが、本人痛みは感じていない様子。

とっても大人しく、人も犬も好きな可愛い子です^^

201605272.jpg

最後はタカオくん。

彼はゴードン部屋のアイドル的存在!寝ている姿はまるでアザラシ!!

そこにタカオが居るというだけでみんなに癒しを与えてくれています^^

推定年齢8才の男の子です^^

201605273.jpg

それではいざ出発~~♬

201605274.jpg

毎回場所が同じで申し訳ないのですが、今回も箕面キューズモール☆彡

ここは本当に色んな刺激があってワンコの勉強にはピッタリです!

201605275.jpg

ただ、、、ハッピーハウス生まれ・ハッピーハウス育ちのマンボーには

少少刺激が強かったようで、、、、

「こ~~わ~~~い~~~!!!」

201605276.jpg

どこへ逃げようとしているのか、必死に引っ張ってどこかへ逃亡しようと

していました。

201605277.jpg

さすが、ハッピーハウスの山の中で育った子・・・・

車の音・人・自転車・バイク色んなものが経験不足で怖くて仕方ない様子。

 

一方海ちゃんは、保護当時から人に慣れていたので確実に野良犬ではなく

誰かが飼っていた子。

街中も慣れている様子で平然と進みます^^

2001605278.jpg

タカオくんは、保護当時はリードにも慣れていませんでしたが、

スタッフのU君が毎日のようにリードを付けて歩く練習をしてくれていたおかげで

慣れていないはずの街中も落ち着いて歩くことができていました^^

201605278.jpg

リード慣れしてからは、ゴードン部屋から誰かを出そうとリードを持っていくと

嬉しそ~~~~にタカオがテンション高く寄ってくるようになりました^^;

毎回「あ、ごめんねタカオ、今日も君じゃないんだ」と言って

1人でテンションの上がっているタカオを無視して違う子を出していました。

今日はようやく自分の番が来てとっても張り切っています!!

201605279.jpg

海ちゃんとタカオはなんだか募金犬になれそうな予感がしてきました♬

マンボーは落ち着いて歩くことが出来れば今日の目標はクリアです!!

頑張れマンボー!!

2016052711.jpg

いつもの草むらでおトイレタイム。

マンボー、よく分かっています。入ってすぐに用を足していました。

2016052712.jpg

「あ~スッキリ♪」トイレをして少し落ち着いたかな?

でも既に疲れ気味で舌がデロンデロン(笑)

2016052713.jpg

海ちゃんは、以前にも出会ったラブラドールのわんちゃんと上手に挨拶も

出来ていました!

さすがに乗っかられた時は怒りましたが・・・(笑)

2016052715.jpg

タカオは草むらに埋もれながら楽しそうにお花をクンクン(^^♪

2016052714.jpg

川沿いの道はみんな好きなルートです。

マンボーもこの道は落ち着けていました!

2016052716.jpg

2016052717.jpg

海ちゃんは、足が曲がっているのにすごいパワーで引っ張ることがあったので

引っ張らずに歩く練習が必要です^^

2016052718.jpg

キューズモール内にもちょっぴり入ってみましたが、

予想以上に人がいたのでマンボーがビックリしてしまい、ぐるぐる歩きまわる

ことはできませんでした。

タカオブランド(TaKaオ)のお店とパシャリ☆彡 笑

2016052719.jpg

ここのお店のマネキン全部タカオのシルエットに変えてもらわないとね^^

 

マンボーは最初こそ引っ張ってばかりでゼーゼーハーハー言いながら歩いていましたが、

時間が経つにつれて人が少ない場所であれば落ち着いて歩けるようになりました。

2016052720.jpg

海ちゃんとタカオはとっても良い感じだったので、もしかしたら今後

募金犬デビューするかもしれません^^♪

そのときはどうぞよろしくお願いします!!

2016052721.jpg

マンボー、海ちゃん、タカオお疲れさま!!

 

 

 

ページトップへ
ユリ、散歩への道のり〜ランドリー編〜

上犬舎を歩くことにもだいぶ慣れてきた様子のユリ。

自分の犬舎に戻っても疲れきってハァハァ言うことも少なくなり、

ある程度落ち着いていられるようになってきたので、次の段階に進んでいきたいと思います。

 

今まではリードに慣れる為に輪っかリードで練習していましたが、

輪っかリードではユリが少しパニックになって暴れるとすぐに外れてしまい、

脱走の危険もあるのでここからはチェーンとリードの2重リードで行います。

 

リードといっても今回使用するのは普通のリードではなく、

万が一パニックになってリードを噛んでもちぎれないように、持ち手以外はチェーンになっているタイプです。

これだとよほどのことがない限り、噛みちぎられることはありません。

2016,05,31 3.jpg

チェーンは少し顔を背けたりもしますが、落ち着いて付けることが出来ます。

2016,05,31.jpg

首輪に触れられると若干緊張して固まりますが、首輪にもリードを付けることが出来ました。

2016,05,31 4.jpg

いつもの輪っかリードと感覚が違うので、どんな反応をするかと思いましたが

意外と普通にパドックを歩けていました。

2016,05,31 5.jpg   2016,06,01 1.jpg

それでは準備も整ったので、いよいよ次に進んでいきます。

 

次は上犬舎からの階段を上がり、動物たちの洗濯物を洗ったり干したりする場所、ランドリーです。

ここはスタッフの出入りも多く、ゴードン庭のお隣なので周りは結構ざわざわしています。

 

まずは階段です。扉を開けると少し嫌がってチェーンを噛んだりすることもありますが、

落ち着いて誘導してあげるとすんなり上ることが出来ました。

2016,05,26 3.jpg 2016,05,26.jpg

やっぱりいつもの場所と違うので、若干緊張しているのが伝わってきます。

いつもと違う雰囲気を察し、階段を下りて帰ろうとするユリ。

2016,06,01.jpg

ですが、一旦上ると上犬舎を見下ろし「くんくん、くんくん」。

緊張はしているものの少し匂いを嗅いだりする余裕はあるようです。

2016,05,26 1.jpg 2016,05,26 4.jpg

この日はちょうどランドリーに人もいなかったので

特にパニックになることもなく、ある程度落ち着いて歩くことが出来ました。

2016,05,26 2.jpg 2016,05,26 5.jpg

また別の日にトレーニングしたところ、

なんと!スタッフとこんなに近い距離で歩くことが出来ていました!

2016,05,26 6.jpg

今までは人が近くに来るだけで怖がっていたユリが、

少し緊張しながらも人とすれ違えることが出来るだなんて・・・

 

なんだかユリよりも私の方が緊張していた感じがします(笑)

 

人の出入りが多い場所を意外と歩くことが出来ているので、

様子を見ながら練習を重ね、また次の段階に進んでいきたいと思います。

 

そしてトレーニングの合間で体を触る練習もしていましたが、

頭、背中、顔周りなどいろんなところを触っても怒ることなく、

結構落ち着いて触られることが出来ているのでレベルを上げてブラッシングに挑戦します。

 

ブラッシングの道具のスリッカーを近付けても怖がることなく、体に少し当てても全然平気なようです。

2016,05,31 2.jpg

力は入れず軽くさっさと毛をといてみましたが、緊張気味ぐらいで大丈夫そうでした。

2016,05,31 1.jpg

徐々に力を入れて普通にブラッシング出来るようにまた少しずつ練習していきたいと思います。

ページトップへ
ポプラの波平日記 2日目

前回おすわりを覚えたポプラですが、今回はふせに挑戦していきます!

 

頑固なポプラは、ふせをさせようと思ってリードを地面に引っ張っても

おやつ作戦でおやつで誘導してもご覧の通り、なかなかふせてくれません。

2016,05,23 4.jpg 2016,05,23 5.jpg

そこで、首に少し負担がかかるように足でリードを短めに踏み、

ふせをした方がポプラにとって楽な状況を作ります。

我慢対決になりますが、諦めてふせたタイミングでご褒美のおやつをあげます。

 

やっぱり頑固なポプラはなかなかすぐにはふせてくれず、

暴れてみたり動きすぎて変な格好になってみたりと・・・

2016,05,23 1.jpg 2016,05,23 8.jpg

ふせるまでに多少時間はかかりましたが、なんとかふせてくれました。

2016,05,23.jpg

まだまだ暴れてなかなかふせてくれないときもありますが、

ここで諦めてリードを離してしまうと「ふせなくてもいいんだ」と

思ってしまうので、指示する側にも我慢が必要です。

 

少しずつふせるスピードも速くなってきたポプラ。

2016,05,23 2.jpg

ふせることへの抵抗が徐々になくなってきたようです。

 

そして同時にリードを引っ張られる感覚にも慣れるため、

リードを下に引っ張りながら「ふせ」と言葉をつけ、

リードを引っ張られたらふせる練習をしていきます。

2016,05,23 3.jpg

リードで引っ張られることに抵抗のあったポプラですが、

練習を重ね、少しずつ引っ張られる感覚にも慣れてきたようです。

2016,05,23 7.jpg

この練習を繰り返し行い、今では「ふせ」の言葉だけでも出来るようになってきていますが、

まだあやふやなところがあり、じりじり動いたり中途半端にお尻を上げていたりすることもあるので、

もう少しふせの強化をしていきたいと思います。 

2016,05,23 6.jpg

そしてふせの練習をもう少し続けた後に、

首輪を付けるときや抱っこするときなどに必要な、

ポプラの苦手分野「じっとすること」の練習をしていきたいと思います。

 

ページトップへ
前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14


※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.


©Japan Animal Trust All Rights Reserved.