トイレトレーニングのポイント☆彡

皆さんのご相談で多いのが「トイレの失敗」です。

室内犬が多くなった為、トイレの失敗は困りますよね。

たかがトイレ。されどトイレ。

トイレトレーニングは1日2日で出来るものではありません。

時間をかけて教える必要があります。

わんちゃんに構っている時間がない場合は教える事は難しいでしょう・・・

今回はトイレトレーニングのポイントだけお伝えしたいと思います☆彡

 

ポイント① トイレ場所を明確にしよう!

ペットシーツを敷いただけで出来る子ももちろんいますが、シーツだけだと、

他の敷物やカーペット、マットなどと似てしまう為区別が難しくなります。

成犬になったときの大きさを考え、トイレの上でわんちゃんがグルグル回れるサイズの

トイレトレーを用意しましょう。

toire1.jpg

犬はトイレをするときにグルグル回る子がほとんどです。

トレーが小さいと、回れないためそこでしなくなる可能性が高いです。

仔犬の頃は小さくても、大人になった時に使えるサイズにしましょう。

 

ポイント② 犬を管理しましょう!

失敗する主な原因は、管理の問題です。

トイレを覚える前に部屋へ放してしまう方が多く居ます。

狭いサークルだとかわいそうだから・・・と放した結果、部屋のあちらこちらで

トイレをしてしまい、犬を叱る・・・これではどっちがかわいそうだか分かりません。

トイレを覚えるまでは長時間サークルから出さない!

オススメのサークルは、寝床とトイレが分かれているタイプです。

toire2.jpg

寝床とトイレの間に仕切りがあるので、犬目線でも分かりやすい(^^♪

toire3.jpg

自分の寝床が汚れる事を嫌うワンコは多いので、しっかりと別れていた方が

衛生的にも良いですよ~(^口^)

狭いサークルでさえトイレトレーで出来なければ、広い部屋に放して成功する

訳がありません。

トイレを覚えるまではしっかりと犬を管理しましょう。

 

ポイント③ トイレは常に綺麗な状態にしてあげましょう!

トイレが自分のおしっこやうんちで汚れていると、そこに乗りたがらない子が

ほとんどです。

人間だって1回1回トイレをしたら流すのですから、犬だって汚い所でトイレを

したくないのは当然のことです。

ワンコがトイレをしたら1回1回掃除してあげましょう。

 

ポイント④ 成功したらきちんと褒めましょう!

大事なことを忘れていました!トイレをしてほしい所でトイレをしたら

見逃さずにその場で褒めてあげましょう。

出かけていて、帰ってきたらきちんとトイレでした跡があったから褒める。では

犬は何に対して褒められたのか全く理解できません。

成功したらその時にしっかりと褒めて下さい。

逆に、失敗した時は叱ってはいけません。

褒めもせず、声をかけず黙々と無言で片付けてください。

人は失敗を叱ったつもりでも、犬は「トイレ自体を叱られた」と

勘違いして、トイレを我慢しすぎて膀胱炎になったり、隠れてトイレをするように

なったりして、良い事がありません。

 

ポイント⑤ サークル内で100%成功するようになったら行動範囲を少し広げましょう!

サークル内での失敗がなくなったら初めて部屋に放す時間を作ります。

ただ、最初からすべての部屋OKにしてしまうと、トイレまでの距離が遠く、

失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

最初は一部屋から、それでも広い場合はゲートなどを使って狭くしましょう。

このサークルなら、トイレに直接行けるように扉を開けておくことが可能です。

toire5.jpg

トイレのタイミングや時間はある程度1日のうちに数回決まっています。

起きた後・ごはんの後・水を飲んだ後・遊んだあと・散歩の前と後などがトイレをする

タイミングになりやすいです。

ワンコによってそのタイミングや回数は異なるので、愛犬のトイレスケジュールを

把握しておくのが大切です。

部屋に放していても、完全に目を離す事はせず、ワンコがソワソワしだしたり、

いつものトイレ時間の時にトイレトレーへ誘導してあげましょう。

サークルの上から抱っこして入れてしまうと、自分でトイレへ行ったという感覚がない為

何度やっても自分でトイレへ行かなくなってしまいます。

ワンコ自身が歩いてトイレまで行くように誘導してあげて下さい。

何度もやっているうちに誘導をしなくても自分からトイレへ行くようになるので

そこをしっかりと褒めましょう★

最初のうちは長時間部屋に放さず、飼い主さんがワンコの様子を見れる時だけにしてください。

 

ポイント⑥ 失敗させない工夫をしましょう!

部屋に放すようになると、当然失敗する可能性が高くなってしまいます。

トイレを何度も失敗すると、癖づいてしまい、失敗ばかりするようになります。

部屋に放しても100%自分でトイレへ行けるようになるまでは、目を離す時は必ず

サークルへ戻して失敗させないようにしてください。

 

トイレトレーニングは根気・時間・工夫が大切です。

人間の赤ちゃんだって、その子によって1才半~2才ぐらいまでオムツが

とれなかったはずです。

言葉の通じないわんこに教えるのはもっと大変なことだと思って下さい。

ページトップへ
もしもの時に備えて・・・

※文字ばかりですが、とても重要な事をお伝えしたいので読んでいただけると嬉しいです!

 

5年前の東北の震災、先日の熊本地震、、、、、

熊本ではペットとの同行避難が出来る場所が

少ないながらも比較的準備されているようです。

ではもし、身近な場所で災害が起こり、

避難生活を送らなければならなくなった場合、

 

お家のワンちゃんは周りに迷惑をかけず避難所で生活できますか?

 

避難生活は日常とは全く違い、多くの人と一緒に同じ場所で生活しなければいけなくなります。

 

いつもお家の中を自由に動きまわっている子でも、キャリーに入れなければいけないし、

短いリードで繋がなければいけなくなります。

 

そんな時、いつもの自由を奪われストレスが溜まり、吠え続けるようでは

周りの人に迷惑をかけてしまいますし、飼い主さん自身も気を遣って疲れてしまいます。

 

『もしもの時』を考えてトレーニングをすることがとっても大切です!!

 

トレーニングは芸を教えるものではありません。

オスワリやフセ、オテオカワリが出来ても

 

『我慢』が出来なければ意味がありません。

 

・キャリーに入れられても中で大人しく出来る。

・係留してもリードを噛みちぎったり、吠えたりせずじっと出来る。

・家族はもちろん、他人に触られたり、抱っこされても大人しく出来る。

 

こういったことが出来ない状態では同行避難は難しいでしょう・・・・

 

避難以外でも、もしも飼い主さんが体調を崩してお世話が出来ない状態のとき、

知人にお世話を気軽に頼めますか?

 

非常食などを準備することも大切ですが、大切な家族を守る為のトレーニングを

しておくこともとってもとっても大切なことです!

 

何かあってからでは遅いのが現実です。

 

トレーニングは可哀そうだから、、、、ではなく、トレーニングをしなかったことが

可愛そうな結果に繋がってしまいます。

 

芸を教えるトレーニングではなく命を守る為のトレーニングをしてください。

 

大切な家族を守れるのは飼い主さんだけです!!

ページトップへ
ユリ、散歩への道のり~上犬舎編~

パドックを歩くことにもだいぶ慣れてきたユリ。

今ではパドックに出ると、私にリードで引かれなくても

自分で歩いて匂いを嗅いだりトイレをしたりと、落ち着くことが出来ています。

2016,05.06 1.jpg 2016.05.06 2.jpg

パドックが落ち着いて歩けるようになったので、少しレベルを上げて

今度はパドックから階段を上ったところにある、上犬舎に挑戦です!

 

上犬舎はパドック程の広さはなく、狭い空間ですが、そこを歩くとなると

上犬舎にいるいろんな子達から一斉に吠えられるので圧迫感があります。

 

いざ上犬舎へ・・・

まずは階段を上っていきます。

階段はパドックを練習している時から上ることが出来ていたので

今回も平気で上ることが出来ました!

ueken.jpg 2016.04.29 1.jpg

そして扉を開けると一斉にいろんな子達の大合唱が・・・

それに少しビックリしたのかおどおどし始めたユリ。

2016.04.29 2.jpg

扉のところを行ったり来たりで少し戸惑っています。

2016.04.29 4.jpg

扉のところまでは行けるのですが、そこからなかなか入ることが出来ないようです。

2016.04.29 3.jpg

ですが、私が先に入るとすんなり後をついて入ってきてくれました。

 

「誰だお前は!!」と言わんばかりに上犬舎にいる子達からの洗礼を受けながら、

戸惑いつつもなんとか歩くことが出来ました!

2016.04.29 5.jpg

正直もっとパニックになるかと思っていたので、

意外と歩くことが出来ていてビックリしたのと同時に少し感動してしまいました(笑) 

 

ですが、まだいっぱいいっぱいなようで

犬舎に戻ると口を大きく開けてハァハァ言って疲れきった表情をしています。

ueken6.jpg 2016.05.06.jpg

今は上犬舎での練習を繰り返し行っていますが、階段を上ろうとすると

上犬舎に行くことを察し、リードを噛んでいやいや」アピールをするユリ。

ueken1.jpg ueken2.jpg

ですが、無視をして進んでいくと諦めてついてきてくれます(笑)

 

最初の頃はまだ余裕がなく歩くだけで精一杯でしたが、

最近では匂いを嗅いだりトイレをしたりと、少し余裕も出てきました。

ueken3.jpg

もう少し上犬舎での練習を続け、落ち着いて歩くことができるようになってきたら

また次のステップに進みたいと思います!

ページトップへ
トンちゃん日和 6日目

前回の更新から3ヶ月も経ってしまいました(汗

トンちゃん、なんとお声掛けを頂いております!!

ということで、今回は

「トンちゃん、基本を総復習!」

をお送りしたいと思います。

かなりの間、トレーニングをしてなかったトンちゃん

果たしてできるのか・・・

まずはオスワリ

ton1.JPG

そしてフセ

ton2.JPG

「こんなの簡単簡単♪」

リードを踏んでのフセ

ton7.JPG

待て(オスワリもフセも)

ton4.JPG

ton3.JPG

「すごいやろー!」

トンちゃん、ずっと笑ってる。。(笑

 

引っ張らずに歩く

ton5.JPG

ton6.JPG

 

口輪を付ける

ton8.JPG

「これ、やっぱりイヤやわー・・・」

でもしっかり我慢出来てます!!

ブラッシング

ton9.JPG

手を触ってみたり・・・

ton10.JPG

ここまで出来れば上出来です!

勿論、環境も変わってしまえば、いつもと違う行動を

してしまう可能性もでてきますが

普段からしっかりとトレーニングをすることで

自分で思い出して動けるようになります。

ton11.JPG

「どこに行っても、僕はお利口やで!!」

だそうです!(笑

 

総復習は合格でした!

 

ページトップへ
新しい訓練犬!ディアブロ

みなさん、こんにちは!訓練班の山本です^^

桜も散って、気温も高い日が増えてきましたね!

 

担当していた訓練犬のゴールが訓練犬を卒業したので

入れ替わりで新しいワンコが仲間入りしました!

 

スレンダーなボディに白黒ブチの模様(しかも一個だけ大きい)・・・

IMG_3130.JPG

おっきな耳にちょっととぼけた顔・・・

dia (3).JPG

その名も ディアブロ です!!

IMG_3131.JPG

ディアブロは東日本大震災で被災し

ハッピーハウスにやってきました。

現在9歳ですが、まだまだ老いを知らない元気な男の子です!

 

ポインターという猟を行なう犬種のディアブロ。

運動神経も抜群で、走るとかなり速いです!

現在は外犬舎で すめし と一緒に生活しています。

dia2 (1).JPG

すめしとは仲良しですが、ワンコによっては馬が合わない子も・・・

 

猟犬の血を引いているからか、野生動物等にかなり反応します。。

「どこからか獲物のニオイが・・・」

dia (2).JPG

何かに集中した時はコントロールが利かなくなるので

どんなときでもしっかりと人間がコントロールできるように

トレーニングを行なっていき、運動神経を活かしたジャンプ競技なども含め

トレーニングを行なっていきたいと思います!

dia2 (3).JPG

 

また訓練班ブログにも随時アップしていこうと思いますので

皆様、お楽しみに!

ページトップへ
前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16


※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.


©Japan Animal Trust All Rights Reserved.