相手を理解する努力・・・

 

捨てられる犬の理由で『咬むから』『吠えるから』というのが

 

本当に多い。。。。。。

 

咬まれたら確かに痛いし、怖くなるのも理解できる。

 

でも、それは命を捨てる理由にはならない。

 

マンションなど集合住宅が増えているなかで

 

吠えられたら困るのも理解できる。

 

でも、それも捨てる理由になんてならない。

 

困ったから「捨てる」

 

手に負えないから「捨てる」

 

簡単に「捨てる」という選択肢を選び過ぎではないかと思う。

 

犬は犬だけれども、

 

家族の一員であり、何より命です。

 

人間の勝手な理由で捨てられる命なんてあってはいけない

 

犬は飼い主を選べない。

 

その犬を選んだのであれば、何があっても

 

生涯その犬を大切にするのが選んだ側の責任では??

 

 

「咬む」や「吠える」など問題は様々で、

 

トレーニングをして改善するまでの時間も様々。

 

トレーニングは飼い主さんも時間を割かなければいけないし、

 

なによりプロに頼むとお金がかかるのが現実。

 

トレーニングに時間もお金もかけられない方は

 

少なくないはず。

 

それでも諦めないでほしい!

 

「咬む」や「吠える」といった問題行動があっても

 

相手を理解して、生活を工夫するだけでも

 

お互いストレスなく生活できるようになる可能性はあります!

 

長くなってしまうので「咬み編」と「吠え編」で

 

分けてアップします^^

 

 

 

 


ページトップへ
※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.
©Japan Animal Trust All Rights Reserved.