雪の日のワンコ達 2019

2019年、今年は暖冬だなぁーと思っていましたがついに雪が積もりました。

雪がたくさん積もると山へ訓練に出るのも結構大変・・・・。

犬達も、雪の日のトレーニングは地面が濡れていたり滑るのでいつもより反応が

悪くなります

なので、雪の日はスワレやフセ、マテの練習ではなく「人に合わせて歩く」

練習をします。

雪の日に思いっきり思いっきり引っ張られて転ぶのは嫌なので・・・・。

今日の相棒はロッキー!

rocky120190109.jpg

雪道を歩くのも慣れたもの!ボールが大好きなロッキー。雪玉を作り・・・・・。

rocky220190109.jpg

投げると、パクっ!!!ナイスキャッチ! 顔が必死・・・。笑

rocky320190109.jpg

でも、すぐにわれて口からポロリ・・・。

rocky420190109.jpg雪ボールはすぐに破壊するので遊べませんでした。雪の日でも普段と

変わらないロッキー。

今日も訓練がんばりました!

rocky520190109.jpg

施設にいる子達の雪の楽しみ方。

ハスキーMIXのリクの場合。外をうろうろ探検!

「雪?全然平気やで。濡たら冷えるってなんか着せられたけど・・・・」

yuki820190109.jpg

あずきの場合。ハウスで大人しく!

「私は、雪なんかではしゃがないわっ!冷えは女の天敵よ!」

 

yuki720180109.jpg

フィガロハウスの老犬達。ごはん後のトイレタイムにて。

バードの場合。雪でも車イス!

「雪の中のでも走れるでー!車イス歴4年でベテランやし!」

yuki920190109.jpg

ペッパー(茶)&サラ(白)の場合。

「ぼく、目悪くてよくわからへんけど今日いつもと違う天気?」

「雪やで。私のように真っ白できれいな雪が降ってるねん!」

「雪はきれいやもんなぁ」

「はぁ??雪は!??」

「はっ!サラさんのようにキレイです~っ・・・。」

yuki1020190109.jpg

まだまだ新入りのライガー爺さん。

「ワシはここで雪を感じていたいんじゃ。」

yuki1120190109.jpg

ハッピーハウス歴14年のプッチ先輩。

「ここは!私の特等席!誰にも譲らへんで!!」

yuki1420190109.jpg

プッチよりも先輩ハッピー歴15年のカリフラワー先輩。

「私ぐらいベテランになるとどこでも寝れるんや。ほら、睡魔が・・・・」

yuki1320190109.jpg

トイレタイムが終わればみんなぬくぬく。室内でお昼寝タイムです。年をとっても

トイレは外派!外を散策する子が好きな子は

雨や雪の日は少し退屈そうです。

元気な子達は。

yuki120190109.jpg

走る走る!

元野良だった、道(みち)は元気です!後ろはリオ。

2頭とも楽しそう!

yuki220190109.jpg

どーーーーん!

yuki320190109.jpg

怖がりテナだって走る時はしっぽあがります!

yuki420190109.jpg

散歩は苦手な葵もドッグランは大好き!

yuki620190109.jpg

「イエーーーイ!」

yuki520190109.jpg

いつもと違う風景にワクワク!おそめ&ノイン。

yuki1820190109.jpg

まだまだ若いのには負けない!ポポロも元気に走る走る。

yuki1920190109.jpg

小型犬達は。

「白べぇーーー!白べぇーーー!」

女性スタッフが2人こっちにおいでアピール!

「んーーーっ。どっちに行こかなぁ~。」

yuki1620190109.jpg

「どっちにも行かへんし~っ!!」ダッシュ!

振られた女生スタッフ2人(笑)

yuki1520190109.jpg

「おれ、この兄ちゃんがええわ!」

男の友情。

yuki1720190109.jpg

雪の中みんなそれぞれの表情がある1日でした。

 

 

 

ページトップへ
わがままプティの訓練日記 第1章

可愛い見た目とは裏腹に嫌なことは嫌です!!!!とはっきりした意思表示をするプティ。

リードをつける時もゆっくりタイミングを見計らってつけないと怒る時もあります。

お手おかわりは気分がいいとしてくれます。

puty720181028.jpg

首輪にリードはつけれますがこれだけでもし首輪が抜けたら脱走してしまうと危ないのでもう1本リードをつけたいのですが、慣れていない

人にはべたべた触られるのが苦手なプティ。ハーネスは近づけただけでガウッ!!となったので断念。

顔周りに何かが近づくと警戒するのでまず警戒しないように慣らす練習からスタート。

リードを顔に近づけると・・・・・。

「嫌です!」回避されました。

puty420181028.jpg

もう1回!!

「ギャギャギャッ!!!」

「何すんねーーーーん!!」

怒りました。

「怒ってもやめません!落ち着いて。」

puty520181028.jpg

「・・・・・・っ。」

我慢。

「そうそう!それでいいよ!」

落ち着いたらほめる。

食べるならおやつをあげてリードへのイメージをよくします。

これを何回もくりかえ繰り返し練習しました!!

 

puty220181028.jpg

「なーんや、頭の上をリードが通過するだけか!」

リードを近づけられる事に慣れて余裕の表情。

puty620181028.jpg

「おれ、やればできる子やもん!!」

puty120181028.jpg

首周り触られるの苦手なので最初はまずリードを頭の上から通す練習のみ!

1度にすべてやろうよすると嫌になる子も多いので様子を見ながら練習していきます!

 

ページトップへ
怖がり犬と生活する為に

ハッピーハウスには様々な犬種、性格の犬が保護されてきます。

現在多いのが、怖がりな性格の子。

怖がりな性格の子の中には触ると固まる、触れない、触ると怒る、噛むなど攻撃行動に出てしまう子など様々です。

怖がりな子の噛む原因の殆どは、恐怖や不安からのものが多いです。

よく聞くのが、人が犬に対してよかれと思ってやった事が犬には逆効果で噛まれてしまった。

例えば、爪切りやブラッシング、こぼれたごはんを拾ってあげようとした時など・・・・。

今は、SNSなどで野良犬の子や怖がりの子が新しい飼い主募集されていますが怖がりな子は普通の穏やかな性格の子より時間をかけて接してあげる必要があります。

ハッピーハウスから怖がりな子を迎えて頂く場合、事前に何が怖い何が苦手など分かる範囲でお伝えする事できますが

その他の機関ではどこまで犬の性格の把握をして譲渡されているかはその機関次第になってきますので迎え入れる時には先方の話をしっかり聞き慣らし方や接し方を教えてもらう事が大切です。

迎え入れてから何が怖いのか何が苦手なのかをご家族みなさんが把握し、接し方もみなさんが同じ対応で接してあげると犬も混乱しません。

生活スペースもできれば最初はケージか一部屋のみを生活スペースにしてあげた方が慣らしやすいです。どこでも自由にしてしまうと

人から逃げて捕まらない、自分で好きな場所を決めることでその場所に近づく人を排除しようと攻撃的になる子もいます。

怖がりな子は怖がっているからそっとして置いたほうがいいという場合もあるかもしれませんができる範囲からいろんな事に慣らす事をすれば

少しずつそれが自信に繋がり変化も見えてきます。

怖がりな性格の子でも慣らす方法は様々なので困った時は訓練士に相談などをしその子に合った慣らし方や環境づくりを考えていければいいと思っています。

ハッピーハウスでもトレーニングの相談はお受けしております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

おまけ

 

スタッフの元へ迎え入れられたサンダーの成長記録

家に来た初日

顔が不安げ

sander12018814.jpg

3日目。リードに慣れる為に室内でリードつけっぱなしで慣らし中。

sander22018814.jpg

1ヶ月半後

まだ自信なさげだなさげだけど

なんとか歩けるように!

sander32018814.jpg

他の犬とも関わり犬からも沢山学んでます!

現在2才

散歩でしっぽがあがあがるようになったりドッグランに行けるように

なったりまだまだせ成長しています!

sander42018814.jpg

怖がりワンコも成長できますよーーー!!

犬に人気のワン吉いつでも出張しますよ。

 

 

ページトップへ
わがままプティの訓練日記 

【自己紹介】

名前 プティ

性別 男の子

年齢 推定3才

犬種 マルチーズ

性格 一言で言うとワガママ。自分が嫌な事気に食わないことがあると怒る。人の好き嫌いの基準が分からない。

訓練前 リードをつけるのに首輪をつかもうとすると怒る。抱っこも自分から膝の上に乗って来た時でないと怒る。

    自分が嫌な事をされると咬みに来る。

putey12018722.JPG

咬みグセのある子は年々増えてきているように感じます。

うちの子は大丈夫。おとなしい子って言われたからと言って油断していると成犬になってから大変になります。

プティはもともと迷い犬で保護されましたがもしかしたら咬みぐせが原因で手放されたのかもしれません・・・・。

少しずつでもプティといい関係が気づけるようにトレーニングスタートです!

 

ページトップへ
初めてのお散歩 練習中 〜すずこ〜

ハッピーハウスに保護されてくる犬は様々な経緯の子が多くリードに繋げない、散歩に行けない子もいます。

ハッピーハウスにいる間は、ドッグランで自由に走る事ができますが一般のご家庭で一緒に暮らすとなると

ドッグランを作るという事は難しいのでお散歩に行けるように練習しないといけません。

今回は、最近保護されて来たすずこの初めての散歩の様子をお伝えします。

すずこは、多頭で放し飼いで生活していた子です。今までお散歩経験はありません。

怖がりさんで人が触ると固まってしまうタイプの子です。

首輪に1本、チェーンカラーに1本、ハーネスに1本リードをつけて脱走、リードを噛みきられないように対策して外へ! 

suzuko120180702.jpg

初めての事をする時は、ここまでしないといけないかな?とかこうなった時の為にこうしておこうなど先を見て対策をしておくと安心です!

どんな行動をとるか最初は本当に分かりません!

すずこ、最初少しリード噛もうとしていましたがそれよりも歩くことが嫌っ!!!みたいでフセたまま動こうとしません・・・・。

 

「散歩??何それ?私、自由に動きたいんですけど??」

suzuko220180702.jpg

ここで諦めてしまうとすずこの思い通りになってしまうのでハーネスをゆっくり上に持ち上げて立たせて後はゆーっくり前にリードを

引いていきます。

ハーネスメインで前に引くと首への負担軽減出来ますがハーネスもぴったりに装着、抜けにくい物を使用しないとハーネスがスポッと抜けてしまいます。

 

1回目のお散歩はほとんど自力で歩けませんでした。

2回目のお散歩。1回目の感覚を覚えていたのかなんと!自力で歩くように!!

すずこの様子を見て暴れるタイプではないのでリードは2本に変更。ハーネスとチェーンカラーにそれぞれリードをつけました。

suzuko320180702.jpg

渋々な感じでまだ、散歩=楽しいではない・・・・。

隙あらば、狭いところに潜り込み動きたくないアピール。

suzuko420180702.jpg

狭いところに逃げ込まれると出すのが大変なので逃げ込ませない方がベスト!

1歩・・・。

suzuko520180702.jpg

また1歩前に進んでいます。

suzuko620180702.jpg

 

成犬になってからのトレーニングや慣らしはできないと思われがちですが慣らす事ができる事もたくさんあります。

最初は、嫌がりますがその先には楽しい事があるとわかれば嫌な事がうれしい事に変わります。

1歩踏み出すのもまた勇気です♪

ページトップへ
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.


©Japan Animal Trust All Rights Reserved.