インフルエンザ

日本各地で猛威を振るっているインフルエンザ

ある一週間で220万人の感染者で過去最高の数値とか。

ただ、流行のピークは越えただろうとの報道がされていて

ハッピーハウスでも感染者続出で一時大変でした。

そんな中動物たちはいつもながら、

あちらこちらで元気に走り回っています。

寒さも来週から少し和らいでいくだろうとの事です。

ページトップへ
ブランド物はお好き??
先日の新聞(12月6日付朝日新聞朝刊)に
有名高級ブランドの素材選びに関する記事が掲載されていました。
具体的には、フランスのシャネルが
ワニ・ヘビ・トカゲ・エイのエキゾチックレザー
(家畜以外の動物の皮革)
を今後バッグ・靴・服に使用しなくなるそうです。

理由は、高品質の革を倫理にかなった方法で入手する事が
とても困難になってきたからだそうです。

欧米では近年、動物愛護や持続可能性の観点や
原材料生産業者の労働環境問題から
皮革や毛皮の使用を避けるブランドが増えているそうで、
バッグ等に使うために殺した哺乳類の革を
使用しないブランドがあったり、
昨秋以降グッチ・ヴェルサーチェ・マイケルコース等が
毛皮の不使用を表明しているそうです。

工業製品は基本的には大量生産ですから、
素材選びでは原材料の安定的大量確保が重要になると思われます。

ですから、エキゾチックレザーの不使用は
動物愛護の観点からは歓迎される事の様に思います。

たとえ一寸の虫にも五分の魂ですからね・・・。

 

ページトップへ
甘えん坊
受付嬢のチロちゃんは目が見えません。
ごはんも、飼育スタッフが手ですくって補助します。
しかし、実は、鋭い嗅覚でごはんのお皿を探し出し、
自分で食事することもできます。
私も実際、そのシーンを何度か目撃しています。

でもチロちゃんは、自分で食べているところを見られると、
何故か、食べるのをやめてしまうのです。
見えていないはずなのに「あ、バレちゃった」と言わんばかりに。
そのあとは、一切、自身で食事しようとしないので、
結局、補助につきます。

yokoyama201902150001.jpg

ある日、チロちゃんのごはんを手で掬ってあげていると、

大先輩Kさんから「チロちゃんはお皿からは食べないの?」と、問われました。

「近づけて食べることもありますが…」と答えると、

先輩は「じゃあ、甘えてるんだね。甘えん坊さんだね」と笑いました。

自分で食べられるけど、手で食べさせて欲しい。

これはチロちゃんなりの甘え方なのかな、と。

甘えん坊さんの仰せのままに…笑

 

ページトップへ
休みの日の楽しみ
最近、ドッグランやドッグカフェに行く事が多くなり犬達は走り人は
おいしいものを頂く。
仲良し師弟関係のワン吉(白犬)とサンダー(ブリンドル)。

hirose201901150001.jpg


ちゃんと母ちゃんの言う事は聞きます。
サンダーの顔渋々に見えるのは気のせい?笑

hirose201901150002.jpg


豚角煮丼。食べてる間、ワン吉は足元で待機。

hirose201901150003.jpg

 

帰りにカフェでケーキをいただく。
ここも犬OK テラスだけど。
ケーキおいしかった!

hirose2019011500004.jpg

こうしてワン吉母ちゃんは太っていく、、、、Σ(-?_-??)

 

ページトップへ
迷子
年末ぐらいから、迷子の問い合わせや保護が急に増えています。
ワンちゃんを飼っておられる方も飼ってない方も、
近所にどんなワンちゃんがいるか少し気にしてみて下さい。
もし迷子になってしまったら、そのうち帰ってくると思わずに、
警察や保健所、動物病院、保護施設にも声をかけてみてください。
何か情報があるかもしれません。
もし、迷子の子をみつけたら、写真を撮って、
上記のところにその子を探してる方がいないか問い合わせてみてください。
みんな早く飼い主さんの元に帰れますように。

2019年初雪が積もりました。
2度目の雪は楽しそうでした。

matunaga201901115.jpg

matunaga2019011500002.jpg

 

ページトップへ
前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14


※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.


©Japan Animal Trust All Rights Reserved.