幸せになりたい会を終えて
1日目は雨でしたが2日間、幸せになりたい会を終えました。
ゴードンの中のわんちゃん達も外に出れて嬉しそうな顔していて、
お客さんからも可愛がられていて、良き幸せになりたい会でした。

 

ページトップへ
おやすみプンプン

sai201705.jpg.jpg

犬ハウスで生活しているプンプンです。 よく怒るからプンプンです。 私がハッピーに入ってすぐの頃は側を通るだけで怒られたこともありました(笑) 今では自ら私の膝に乗ってきてこの表情。安心しきってうとうと…。 「なついてくれたな」と実感出来る瞬間がとても幸せです。

 

ページトップへ
ふと見る野生
我が家のおやつ好きにゃんこは、某ちゅ○○なるものを取り出すと
あの細長い形でわかるのか、一目散に飛んで来る。

くれくれと、うるさいまでに鳴きわめき、
しまいにはバンザイして私の服にぶら下がる。

大人なので重くて、そのままズルズルと落ちるのだが。
とにかく、必要以上に眼を輝かせてしまう『おやつ』に野生を見てしまう。

 

ページトップへ
カエル
最近、ハッピーハウスではカエルをよく見かけます!
大きいカエルに小さいカエル、
この子たちも一生懸命、生きているなと感じます。

ハッピーハウスに来るまでカエルを触れることができませんでしたが
今ではカエルを見つけては誰かの頭の上に乗せて記念撮影をしてます!

今のところ、クルちゃんがおとなしく乗せさせてくれて写真を撮らせてくれます!

 

ページトップへ
告白
ハッピーハウスにお世話になってから今回で3回目の【幸せになりたい会】が
皆様のご協力のおかげで無事終えることができました。
本当にありがとうございます。

この幸せになりたい会は私にとって運命を変えた行事と言っても
過言ではありません。
『うれし涙』というものはなかなか流せるものではありません。
私みたいに歳を取っていればより困難になってくるような気もします。

 2015年3月、この施設にワンちゃんのお世話係として入った私は当時、
『ここまで過酷な仕事ってあるのか!?』と思ってしまうぐらい、ボロボロでした笑

太もも、ふくらはぎが震えて足が上がらない。
本当に『おい!動け!足!』ってマラソン選手の気持ちが初めてわかりました。

デッキブラシで1日で手のマメが潰れました。
洗わないといけない飲みバケツの数に目眩を覚えました。
『考えが甘かった…』正直続けていけるのか不安な毎日でした。
そんな中で開かれた【幸せになりたい会】

そこである一頭のワンちゃんの里親が決まりました。

その、ワンちゃんの病気のことや年齢のこと介護の方法など、
新しい飼い主様に巡り合うには難しい子でした。
その子を貰ってくれる方が決定し、全身に
鳥肌が立ったことを鮮明に覚えています。

『これや!これがしたかったんや!』

何度もこの気持ちになりたくて、ここにいます。
スタッフみんなそうです。

今回の幸せになりたい会でも、
『〇〇ちゃん、声かかりました!!』って後輩が目をキラキラさせていました。
そうやよね。めっちゃくちゃ嬉しいよね!

施設の子たちが幸せになることで
私たちも幸せになれるのだと確信しています。

今後ともどうか日本アニマルトラストを宜しくお願い致します。


あ!?子猫のミルクあげなきゃ?
5月15日0時、宿直にて。

tobita201705.jpg

ページトップへ
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.


©Japan Animal Trust All Rights Reserved.