自然という厳しさ
3月中頃、突然の出逢いがありました。
1匹のにゃんこが、私を見てにゃーにゃー鳴きました。
ドライフードをあげると、ガツガツ食べました。
その翌日もきました。
3日目、その子が風邪を引いていること気づきました。触っても大丈夫だつたので
キャリーに入れようとしたら、あっさり入ってくれました。

病院へ行って、風邪と耳ダニとお腹の虫の治療を
しました。
今はすっかり元気になりました。
これから、この子がずっと一生涯安心して暮らせる
方法を考えなければいけません。

野良猫の寿命は3~4年。
飼い猫なら15~20年くらい。

野性動物は強い、と人は言いますが
野山で暮らす鹿にしても、アフリカのサバンナで
暮らすライオンにしても、平均寿命は4~5年
だそうです。

猫も鹿もライオンも同じ。
自然は自由で、厳しいものなのだろうと思います。

野性動物は強い。でも不死身じゃあない。
野性動物が強いのは、他のものにすがらす独りで
生きて行ける精神力ではないでしょうか?

うちの保護猫ちゃんは、自分から人間に助けを
求める家猫DNA 満開の子なので
もう独りじゃあムリですね…

moriwaki20170401.jpg

moriwaki20170402.jpg


ページトップへ
※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.
©Japan Animal Trust All Rights Reserved.