1月8日 まやちゃんがJATを卒業しました!

まやちゃんはとある夏の朝、施設の駐車場に段ボール箱に入れられて放置されていた所をスタッフに発見された仔です。

 

夏と言えど、夜は冷えるし施設周辺は完全な山。

野生のシカやイノシシもいます。

兄弟3頭と一緒にどれだけ怖い思いで夜を過ごしたか。。。

 

何を思い、どんな気持ちで3頭を箱に入れ、置き去りにしたのか。。。

同じ人間のする事とは思いたくない程です。

 

 

保護されてから数日は人に対して警戒し、威嚇までしていた3頭でしたが、

少しずつ心を開いてくれ、いつの間にか人が大好きな甘えたさんになってくれました!

 

可愛いいいいぃぃぃ!!!!!(笑)

20170707_163635[2].jpg

天使かな?(笑)

 

 

そして生後約半年の頃、お声がかかりました!

飼っていた犬を亡くされ、今度は猫との生活を望まれたご夫婦。

猫は初めてということでトライアルから。

 

 

車に乗せるとちょっと不安そう。

 

あたしこれからどこ行くの?

20171209_102608_HDR[1].jpg

とっても良いとこに行くんだよ!!

 

着きました!

キャリーを開けるともっと不安そうなお顔。

20171209_111535_HDR[1].jpg

初めての場所。そりゃ不安だよね。

 

出ようかな・・・。

20171209_111539_HDR[1].jpg

やっぱり止めようかな・・・。

20171209_111557_HDR[1].jpg

 

爪とぎ・ベット・お皿

全部まやちゃん専用です。

20171209_111606_HDR[1].jpg

デザインもおしゃれ☆

20171209_112153_HDR[1].jpg

 

そうこうしてる間に出てきました。

20171209_111614_HDR[1].jpg

あっちに行ったり

20171209_111633_HDR[1].jpg

こっちに行ったり

20171209_111720_HDR[1].jpg

20171209_111807_HDR[1].jpg

色んな物が気になります。

 

20171209_113812_HDR[1].jpg

トライアル、どうぞ宜しくお願いします!

 

 

 

一月後、手続きにお越しいただきました。

 

もうとっても可愛い!とお母さん。

近くに住む娘さんたちにも可愛がってもらってるようで、写真を沢山見せていただきました!

IMG_1627.jpg

IMG_1640.jpg

IMG_1646.jpg

IMG_1676.jpg

IMG_1685.jpg

IMG_1716.jpg

IMG_1754.jpg

 

写真からもまやちゃんの愛されようが伝わってきます!(*^-^*)

 

名前がまやちゃんからりんちゃんになりました。

これからは暖かいお家でたくさんの愛情をもらってね!!

 

ページトップへ
1月5日 ロンがJATを卒業しました!

推定4歳の男の子。

ronn2018010501.jpg

ヒトなつっこい性格で、大部屋にデビュー後、

早くにお声が掛かりました。

ronn2018010502.jpg

 

元の飼い主さんの自宅から施設での大部屋。

終の棲家になるであろう今回のご自宅。

この数ヶ月でアチコチと移動しているロンは、ちょっと警戒し、

ronn2018010503.jpg 

出てこなくなりました(苦笑)

ronn2018010506.jpg

 

ロン専用のお部屋もありますが、

全てのお部屋、行き来自由とのこと。

ronn2018010504.jpg

ロンの首輪。

グリーンが似合いそうですね。

ronn2018010505.jpg

ronn2018010507.jpg

 

先代のワンコとニャンコ。

ronn2018010509.jpg

 

無理に引っ張りだしても、かえってよくないので、

今日の記念撮影はご家族さんだけ。

ronn2018010508.jpg

 

2週間も過ぎた頃、ようやく慣れてきたそうです。

ronn000000003.jpg

ronn000000001.jpg

ロンの名前は【ハルオ】と、なりました。

ronn000000002.jpg

幸せにね♪

ページトップへ
12月3日 たくわんがJATを卒業しました!

4kgの小さな身体の【たくわん】

takuwann2017120300.jpg

おとなしくて抱っこされる事が大好き。

ガツガツ系のワンコやヒトは苦手です。

takuwann2017120301.jpg

 

久々の登場・・・おじさん。

「たくわん、幸せになるんだよぉ~!!」

takuwann2017120302.jpg

 

「施設でも幸せだったけど、もっともっと幸せになるの。

おじさんも、幸せになってね♪チュッ」

takuwann2017120303.jpg

takuwann2017120304.jpg

 

募金活動犬としても働いてくれていたたくわん。

募金活動犬の先輩たちにも挨拶を済ませ、

takuwann2017120305.jpg

いよいよ、出発です。

takuwann2017120306.jpg

 

車内。。。なかなかの吠えよう・・・

takuwann2017120307.jpg

 

こちら、先住犬の【おみつ】さん。

2011年4月30日の卒業生です。

takuwann2017120308.jpg

おみつもたくわんも相手のことがあまり気にならないようで・・・。

takuwann2017120309.jpg

 

畳みに入っていけない事を学んでいるおみつ。

takuwann2017120310.jpg

たくわんは、見習えるでしょうか。。。。ちょっと、不安です。。。

takuwann2017120311.jpg

 

用意して下っていたケージに入れてみても、

takuwann2017120312.jpg

お利口さんに。ポージングまで(笑)

takuwann2017120313.jpg

車内でのキャリーケースでは、よく喋っていたのに。。。

 

takuwann2017120314.jpg

先輩、おみつに色々教えてもらってね。

takuwann2017120315.jpg

たくわんの名前はそのまんま。

なかなか他には無い、名前ですよね。

takuwann2017120316.jpg

ページトップへ
11月30日 生くんがJATを卒業しました!

黒猫の生(せい)くん。

2015年7月保護された当初、生後2ヶ月ほど。

道路で横たわっているところを保護されやってきました。

「頑張って生きてほしい」

「生きて大きな身体にまで成長してほしい」という願いを込めて、

「生きる」という文字そのものの「生くん」と、Kスタッフが名付けました。

sei201711301201.jpg

なかなか大きくならないので、心配はあったものの、

生くんのペースで大きく、たくましく立派に成長していきました。

とてもマイペースで怖いもの知らず。

好奇心旺盛で我が道を行くタイプ。

個室から大部屋にデビューも無事に果たせた生くん。

大部屋で、真っ先に生くんを探し可愛がったKスタッフ。

やがて、Kスタッフがお部屋に入ると、真っ先に寄って来て、必ず触って!!

構って!!アピールを。

 

そんな話しを聞くと、涙が出るのは、何故かしら。

きっと彼女の愛情が生くんに「生きる」力を与えたのでしょう。

 

「完全室内飼育」で、猫を飼育するのは初めてなご家族さま。

やんちゃ盛りのお子さんは猫との生活は初めて。

トライアルを提案させてもらいました。

sei2017090401.jpg

キャリーケースを開けると、動じることなく、室内探索。

sei2017090402.jpg

かっこいい身体。

【画】になる生くん。

sei2017090403.jpg

sei2017090404.jpg

ご家族さんに挨拶することもなく、

自由気ままに。マイペースに。

sei2017090405.jpg

「ミャーゴ」

sei2017090406.jpg

「カリカリカリ」

sei2017090407.jpg

「ニャン」

sei2017090408.jpg

 

生くんが伸び伸びしている頃、ご家族さんはケージの組み立て中。

sei2017113001.jpg

基本、室内フリーですが、猫が苦手な方が来られたり

した時には入ってもらうことに。

sei2017113002.jpg

 

応援するかのようにご家族さんの元に、ようやく。。。

sei2017113003.jpg

やってきました、生くん。

sei2017113004.jpg

 

「お外も気になる・・・」ダメだよ。

sei2017113005.jpg

 

見守っている??見張っている??(笑)

sei2017113007.jpg

「まだかなぁ~」

sei2017113008.jpg

 

ようやく完成!!

sei2017113009.jpg

施設にもある蓋のないタイプのトイレのご用意がありました。

これなら、生くんもすぐ覚えられるね。

sei2017113011.jpg

 

トライアル1ヶ月が過ぎた頃、家出して戻ってこなかった生くん。

ご家族さんから連絡があった後、急いでポスターを作成し、

貼りに行き、Kスタッフも現場に。

なかなか見付からない。呼んでも呼んでも出てこない。

夜も随分と遅くなったので、翌日の明るい時間に改めて捜しに来ようと話ししていた矢先、

微かな猫の声が彼女の耳に。

「生くん!!」と、彼女が声を掛けると、逃げることもなく、彼女の腕の中に。

sei20171130010.jpg

その日は、施設に戻った生くん。

怪我をしたところはないか他、チェック&チェック。

 

後日、お迎えに来て頂き、

【どんな想いを持って育てたのか】

【どれだけの愛情を注いできたのか】

【どんな気持ちで送りだしているのか】をお話しさせて頂きました。

ご家族さまもご理解下さり、逃がしてしまったことを深く後悔されているのが、

スタッフ達に伝わりましたので、再度トライアルを設け、1ヶ月後、

晴れて卒業となりました。

 

Kスタッフは言います。

【生くんだけではありません。

施設にやってきた仔たちには絶対に絶対に幸せになって欲しい。

幸せになる権利がある。

スタッフのそんな想いが沢山詰まった仔たちばかりだという事を

新しい飼い主になられるご家族の皆様にも是非とも知って欲しい。

理解して欲しい。】

 

生くんの名前は【ミミ】になりました。

後日、やんちゃな男の子たちが、代わる代わる抱っこをし、構いすぎて、

ハゲた、、、と、お電話を頂きました。

構いすぎ。。。も、ミミにはしんどいかもしれませんが、

でも、それだけ沢山「スキ」って、事ですよね。

mimimimimimi201502060001.jpg

Kスタッフも安心しています。

何かお困りの時は、いつでもご連絡ください。

これからのミミをよろしくお願いいたします。

 

 

ページトップへ
11月25日 サンがJATを卒業しました!

サンは一足先にJATを卒業したモモちゃんと一緒に飼い主様が飼いきれなくなり保護されてきたわんこです。

少し歳を重ねておりましたが、非常に穏やかで人懐こい性格から、

募金活動もお手伝いしてくれていたわんこです。

そんなサンにお声がけいただいたのは、

先住わんこの相棒を探していたご家族。

 

先住わんこがかなり大人しく控えめな性格のため、その性格に見合うわんこと

いうことで、サンを御紹介させていただいたところ、

サンをとても気に入ってくださり、

サンを迎え入れたいと、ありがたいお言葉を頂きました!

 

ただ、先住わんことの相性を見るためにも、1か月のトライアルから

スタートしました。

 

その後、とてもいい子で先住わんことの相性も大丈夫なので、

正式に手続きをしたいとの非常にうれしいお言葉を頂き、さっそく正式譲渡にお伺いしました。

 

sun2017112501.jpg

こちらが先住わんこのキャンディちゃん。

とてもかわいいチワワちゃんです♪

 

sun2017112502.jpg

そしてこちらがサン君。

ただいまスタンドライトの光に夢中でございます(^^♪

 

sun2017112503.jpg

スタッフがお伺いして、一番びっくりしたのが

こんなことを言ってはサン君にかなり失礼ですが・・・

メッッッッッッッッッチャ可愛く変身していたこと!

 

もうすっかりと、おぼっちゃまです( *´艸`)

 

譲渡手続きの際、飼い主様は本当に真剣にメモまで取っていただきながら

こちらの譲渡に当たっての注意点などを聞いてくださりました。

 

少し甘えん坊な性格ですが、これから先サン君を何卒よろしくお願い申し上げます。

最後に記念撮影!

sun2017112504.jpg

名前もサンのままで可愛がってくださいます。

本当に良かったねサン君!いつまでも元気でいてくださいね(^^♪

ページトップへ
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.


©Japan Animal Trust All Rights Reserved.