トップページ > JATの取り組み > 地域猫ネットワーク

地域猫活動って?

このままでいいの?

猫が増えて困っていませんか?
現在、猫が好きな人にとっても、嫌いな人にとっても、
数が増えすぎたことによって困っている方が各地にいらっしゃいます。

猫が増える原因は、不妊手術をしないことで、
1頭のオス猫とメス猫から、1年半後には54頭に増えて しまうからです。

一組のお父さんとお母さんからどのように増えていくのでしょう?
猫算表で確認してみましょう。(PDF形式)

では、最初の1頭はどこからやってきたのでしょう。

大昔は、ねずみ退治のために飼われていましたが、時代のながれととも に、いらないものとなったり、
その後また、ペットとして飼われたりと、人間の都合で増えてしまったのです。
人間が原因なら、人 間が知恵を出し合って、解決しなければならないのではないでしょうか?
その対策として、野良猫を排除するというのではなく、避妊・去勢手術を実施して、
野良猫の数を今以上に増やさないで一代限りの生をまっとうさせること、
エサの管理、フンの清掃、周辺美化など地域のルールに基づいて適切に管理することで、
野良猫に よるトラブルを無くし、猫と人とが共存できる地域をつくるという取り組みが行われています。

この活動を地域猫活動と言います。

この活動は、単に、野良猫によるトラブル対策に留まらず、
命を大切にしよう」という気持ち が芽生えるとともに、地域のコミュニケーションが活性化されます。

いろいろな立場の人が集まれば、それぞれにできることがあるはずです。
地域猫活動は、まず相手の立場、猫の立場になって話をするところ、一緒に考え始めるところから始まります。
ハッピーハウスは、そんな機会を提供できるようにネットワークをひろげています。
地域猫ネットワーク
公益財団法人日本アニマルトラスト 動物の孤児院ハッピーハウス
〒563-0131 大阪府豊能郡能勢町野間大原117
メールフォーム
ページトップへ
※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.